Monday, October 23, 2017

title pic 恋人や伴侶に固執するタイプは愛情表現のしかたを変える

Posted by fukuen-dekiru on 19/11/2012

現在の恋人や伴侶に固執するタイプの人は、愛情表現のしかたを変えてみると良いです。

例えると、恋人や伴侶に対する深い愛情を「間違った形で」表現せず、感謝の言葉や行動で「与える形」で愛情を表現してみましょう。

「浮気してるだろ」と相手を責めたてるなどは絶対にしてはいけません。

例えば「相手から十分な愛情を感じない」と思うときに起こる不快な感情は、「マイナスのエネルギー」が充満しているからなんです。

そのエネルギーを、不満としてぶつけるのではなく、「相手のため」に使えば良いのです。「どんなことをしてあげたら相手は本当に喜ぶだろうか・・」をノートにアイデアが出尽くすまで書き出してみてください。これはもちろん、あなたの妄想ではなく、相手を普段観察すれば、持ち物や話の中で分かるはずです。

もし、いてもたってもいられないときは、恋人のための最高のプレゼントを人に聞いてみても良いのでとことん探してみましょう。

悪い例は、「浮気してるだろ!」と責めたてることです。そんな事をしても何もプラスにはありません。離婚や別れを望むなら証拠として必要でしょうが、復縁したり上手く恋愛を進めたいのならば、逆なのです。

ただ気を付けなければいけないのは、「これだけのことをしたんだから・・」と相手に見返りを期待してしまいがちです。あくまで「自己犠牲的な愛」を意識してやってみてください。

>> あなたが女性で男性と復縁したい場合はこちら

>> あなたが男性で女性と復縁したい場合はこちら

 


 

top