よりを戻すための復縁メールとは!

サイトマップ

復縁は簡単です。「上手くいっていたころの自分」に、あなたが戻れば良いだけなんです。その分析方法とノウハウとは・・

よりを戻すための復縁メールのコツとは

復縁して、よりを戻すための魔法のメールのコツをお教えいたします(^-^)

もちろん電話でも良いですが、「上手く話せない・・つい感情的になってしまう・・」ということがあるので、メールがある環境ならメールが良いです。

また、メールは文字として残りますので、相手も二度三度見ることで効果が増します。

さて、復縁してよりを戻すためのメール内容ですが、ポイントは3つあります。

@相手の行動や気持ちへの理解を示すこと
A自分の気持ちをハッキリ伝える
B将来のことを話す

・・の三つですが、

まず@です。あなたは相手からこう言われたはずです。「好きな人ができた・・あなたが好きではなくなった・・」と。

もちろんそれは苦しく辛い言葉なので、受け入れられず感情的になったり反論のメールをしたくなりますが、そうしてはいけません。

まずは相手の気持ちを尊重してあげること、そしてあなたにも悪い部分があったはずですので思い起こして反省し、「たしかに君の○○したい気持ちは良く分かる。辛かったよね・・」「私の○○にガマンしていたのよね・・」

と、相手の気持ちを代弁するような文面のメールをすることです。それだけでも相手のストレスは軽減しますし、あなたが自分のことを「こんなに分かってくれていたんだ・・」と気付くのです。

Aですので、そのためにも自分の言葉(気持ち)もハッキリ伝えるべきです。過去のおわびで「ごめんね」「ありがとう」とハッキリ伝えるのです。

B復縁して、よりを戻した後のイメージをメールで伝えることです。「君と出会えたから成長できたし一緒に居てくれたらこれから頑張っていける・・」「あなたと話ができたから元気になった・・また頑張れる・・」

相手に感謝して、「あなたの存在があったからこそ結果が得られた・・」ということを伝えるのです。

もちろんポジティブな将来です。決してネガティブな将来を伝えてはいけません。例えば、「君がいないと僕は生きていけない・・」「あなたと一緒じゃなきゃ死んだほうがマシ!」などと、相手の重荷になることはメールしてはいけません。

相手への理解を示し、感謝をハッキリ伝えることです・・

そして、もちろんメールだけして復縁が完成するわけではありません。お互いの癖をしっかり分析し、具体的に体系的に学ぶ必要があるのです・・

>> あなたが女性で男性と復縁する方法を知りたい場合はこちら

>> あなたが男性で女性と復縁する方法を知りたい場合はこちら

>> 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法